グリーンウォーターって何?

みなさんはグリーンウォーターについてご存知でしょうか?

この水はメダカや金魚を飼育する際にメリットの多い飼育水とされていて、好んで使う方も多いのではないでしょうか。グリーンウォーターのつくりやすい環境やメリット、デメリットをこれから紹介していきます。

緑色の水の正体は

グリーンウォーターとは、植物プランクトンの大量発生などが原因で緑色になった水をさします。プランクトンとは私たちの目に見えない大きさで水中に含まれ、動物プランクトンと植物プランクトンの二つに分けることができます。グリーンウォーターは植物プランクトンが多い水であり、メダカの稚魚を育てる際に有益なものになります。

メダカの稚魚に餌をあげる場合は、どのくらいの量でどのくらいの大きさの餌を与えればよいかの判断が難しいですが、グリーンウォーターの飼育水では、水中に含まれる植物プランクトンが餌となりメダカの生育に良い影響をもたらすとされています。

グリーンウォーターには栄養が豊富で、健康的なメダカに成長する効果が期待できます。

水中の有害なものを吸収する作用も

植物性プランクトンには、メダカの排泄物に含まれる窒素化合物などを吸収する作用があり、良い水質を保ちやすくする効果とメダカの排泄物などの蓄積を防ぎ、水を変える頻度も少なくなるメリットがあります。

デメリットとしては、グリーンウォーターは観賞用には不向きと考えられることがあり、メダカは水槽内で見えづらくなります。

メダカの動きが見えにくいと、メダカが死んでしまった際やメダカが体調不良な様子の観察が行いにくく、メダカの死骸の発見も遅れる可能性があります。メダカの死骸は水質の悪化をまねくため、観賞用の生物が見えにくいということは大きなデメリットとなります。

グリーンウォーターを自分でつくる際は、初夏から秋にかけてつくりやすく、直射日光が当たる外の飼育する環境がつくりやすいとされています。

初心者でもグリーンウォーターをつくることは難しくなく、グリーンウォーターの生成には日光が最も重要になることを覚えてもらいたいです。

水草との相性

水草とグリーンウォーターの相性はあまりよくなく、グリーンウォーターは日光を遮り水草まで日光が届きにくいため水草の育成が阻害されやすい環境になります。また、あまりに多くの植物プランクトンが増えると、緑色は濃くなり水の中の酸素を植物プランクトンが吸うため、メダカが酸欠になって死んでしまう危険性があります。グリーンウォーターの色は濃すぎると水質が悪化するため、うすいグリーンが最も適しているとされています。グリーンウォーターの色の観察は飼育者がしっかり行いましょう。

まとめ

グリーンウォーターは栄養分を多く含む水質ですが観賞用として使用する場合は好みが分かれることもあります。

メダカの稚魚を育てる際はおすすめで、生育の過程でグリーンウォーターを使ってみてはいかがでしょうか。

Shares